トップ «前の日記(2005-12-26 [J]) 最新 次の日記(2006-01-01 [J])» 編集

Eroge RSS Checker 運営記録

Categories | メモ | 運営 | 感想 | 記号変更 | 雑記 | 雑文 | 思案

合計: 今日: 昨日:
2005年
12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

rss1.0

ここは、「Eroge RSS Checker」に関する運営の記録を書きとめておく場所です。第三者に説明する文体で書いていますが、大半は備忘録です。

  1. スクリプトを汎用化して公開する。---最終目標
  2. CSSを論理的に使う。---努力目標
  3. デザインを改善する。---努力目標
  4. 攻略の完全・不完全を出来る限り判別する。---努力目標
  5. 管理要員用のページの充実。---努力目標
  6. JANコードの入手先を探す。---躊躇中
  7. ブランドの複数登録。---大規模改修のとき
  8. 登録を簡潔にしつつ、marker登録を半自動化する。---暇なとき

2005-12-28 [J]

_ [雑記] RSSについて〜「title」には何を書くべきなのかなど〜

当サイトのようにゲームタイトルのみを書いて、「dc:subject」に「レビュー」などと書く方式が本当に正しいのかどうか実は謎。ブログの場合、記事にタイトルがあるのは当たり前で、それが即、RSSの「title」になるのだけれど、ホームページ(ここでは時代遅れの意)と呼ばれるようなサイト記事に必ずしもタイトルが存在しない場合が多い。その場合はタイトルではなく、コーナーの一コンテンツということになることがほとんどだろう。となると、「title」部分に何を書くべきか。一番道理に合っているのは、「○○の感想」とか「感想:○○について」といったように、当サイトでの分類と「title」を合わせたものだろう。人間が見ることを前提とするなら、「description」や「dc:subject」は任意の要素なので、重要な情報は書くべきではなく、必須要素である「title」で全てが判断できることが望ましい。ただ、RDFの理念としては、情報を分類し、各要素に分けることだろうから、当サイトのRSSのような方式もあながち間違えでもないのかもしれない(多分、間違っていると思うけれど)。念のためなぜ今の方式なのかと言えば、処理が簡単だからという以外に理由はない。

ついで書けば、RSSは直リンクを前提としているし、出来ることなら全文をRSSに格納するのが望ましい(と私は思う)。RSSはブラウジングするという、インターネット利用のマイナーチェンジ、もしくは別手段としての意味合いが強い。HTMLを対象にしてブラウザという道具でネットサーフィン(死後?)をするか、RSSを対象としてRSSリーダーでネットサーフィンするかだ。ただ、独立していたことはないし、流れとしてはそういう独立性をなくして効率的な情報収集機能の一つとなっていくようだ。

お名前:
E-mail:
コメント: