トップ «前の日記(2005-07-11 [J]) 最新 次の日記(2005-07-13 [J])» 編集

Eroge RSS Checker 運営記録

Categories | メモ | 運営 | 感想 | 記号変更 | 雑記 | 雑文 | 思案

合計: 今日: 昨日:
2005年
7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

rss1.0

ここは、「Eroge RSS Checker」に関する運営の記録を書きとめておく場所です。第三者に説明する文体で書いていますが、大半は備忘録です。

  1. スクリプトを汎用化して公開する。---最終目標
  2. CSSを論理的に使う。---努力目標
  3. デザインを改善する。---努力目標
  4. 攻略の完全・不完全を出来る限り判別する。---努力目標
  5. 管理要員用のページの充実。---努力目標
  6. JANコードの入手先を探す。---躊躇中
  7. ブランドの複数登録。---大規模改修のとき
  8. 登録を簡潔にしつつ、marker登録を半自動化する。---暇なとき

2005-07-12 [J]

_ [思案] 役に立つリンクについてちょっと詰めてみる

まず、いくつかつまみ出してみた。ここでいう「役に立つリンク」とは下のようなサイトのことだ。

1、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO(Wikipedia)』(解説)

2、『CROSS † CHANNEL考察』(解説)

3、『やまの趣味のページ(?)』(まとめ)

4、『School Daysまとめサイト』(まとめ)

5、『Forest Wiki』(元ネタ)

試しにいくつか調べてみた。そこでどんなタイトルにまとめサイトなどの関連サイトがあるのかまとめてみた。2chと関係あるかどうかに関わらず、レスが存在できるだけの人気があること。謎もしくは攻略性がある。この2つが揃っている時だけ存在するようです。また、極端に人気がある場合は2次製作などのサイトがある事も当然ありますが、特定のタイトルに特化するのはまれ。当たり前といえば当たり前のことだらけですね。

まとめサイトのまとめサイトといって思い出すのは、『届かない場所を見つめながら』よりほかにない。手間が掛かるからか、生存期間が短いのか、はたまたWikiが流行り出した最近の産物なのか。なんらかの障害があると思われる。上記3のようにリニューアルも関係してか、閉鎖的なサイトもある。リンク集で集めて手軽に来るような訪問者ではなく、ちょっとディープな訪問者を期待しているのかもしれない。とはいえ、プレー済みの人にとっては、上記1、5などは非常に面白い。他もネタばれが基本なので未プレーの人にとっては意味はないかもしれないが、興味があれば面白い。なので、リンクできれば役に立つと思うのだが・・・・。

ただ、大した数はないようだ。まとめサイトが出来上がるような、攻略性や考察の余地のあるタイトルがあまり多くないためだろう。当然、以前のerogmapのように2chの過去ログにリンクするとそこそこの数になる。情報が少ないタイトルではこれも非常に有用だが、きりがないので面倒だ。それに「にくちゃんねる 過去ログ墓場」など多くのサイトがあるがどこがいいのか?もしくは自分の所にコピー可?などの問題があるので、これはまた別の機会に。

とにかく、それほど数は多くない。けれど、種類は豊富だ。考察だけだったり、FAQのようなものだったり、2次製作も扱っていたり、これらを1つのまとまりに押し込んで、名前を付けるのがやはり厄介だ。探し出すのも人海戦術によるしかないだろう。完璧なデータベースを目指すのではなく、気が向いた人が気が向いた時(プレーした時)に登録してもらえれば理想的。

ということで、種類をどうするかがあるが、その前にスタッフのサイトへのリンクをどうすかだ。このデータは、ErogameScapeにすでにある。しかし、これを使わせてもらうとなると、スタッフの情報も同時に表示し検索できるようにしなければならない。大した手間ではないが、以前にErogameScapeにあるデータなので表示しないでも良いと思う、旨の意見をもらったことがあり、ここでは除外しておき、動向を確認してから後で考える事にしよう。

さて、今度こそ種類だ。「まとめ」「リンク集」「解説」「2次製作」「修正ファイル」がまず考えられる。今思いつくのがこの5種類だ。「スタッフ」「2ch過去ログ」は上記のようにここでは除外する。「ファンサイト」や「総合」などは一般的に通りの良い「まとめ」で統一するのがいいと思う。後は、この「まとめ」に含まれる諸要素のばらの形だ。逆に言えば、2つ以上のこれらが含まれるものが「まとめ」ということになる。通常使われる「まとめ」サイトとは若干違うものになってしまうが、それはコメント欄で対応してもらうようにすればいいのではないかと思っている。「解説」は攻略や考察、元ネタなどの付随する情報をコンテンツとするサイトの総称とする。

登録方法は、ブランドに対するものと、個々のタイトルに対するものの2種類だ。ブランドに対するまとめサイトも少なからずある、当然そのブランドの全てのタイトルを扱っているわけではないのでブランドに対して登録するという方法だと正確性に欠ける。ただ、新作についてのコンテンツが増えた場合も自動で対応できるなど利点も多く、この方法をとりたい。

表示は、ブランド検索、個々のタイトルページの2箇所で行う予定だ。

何か間違っている気もしないでもないが、こういうことでいい気がする。

_ [思案] リンクカウンターから見る訪問者の動向

前にもちらっと書いたが非常に偏っている。更新履歴としてトップページに表示されるものか、最新作、そしてたまに話題になったもの。これらがほとんどだろう。上位10%でも、2ヶ月半でクリック数45しかない。全体のクリック数(約2000/日)が少ないといってもそれは予想とかけ離れていた。思っていたよりも、最新作しかプレーしない人が多いのだろう。当サイトのようなリンク集を作ると、過去作のデータ数の貧弱さを指摘されることもあるが需要からいえば、ほとんど無視してもいいレベルではないだろうか。

_ [雑記] コンテンツにみる訪問者の上限

アクセスアップ法などを数年前は気にしていたものだった。最近ではあまり気にならなくなったのだけれど、1つ思うことがある。

当たり前すぎるかもしれないが、「コンテンツによって見込める訪問者数には上限がある」ということだ。かなり上下が激しく正しく見積もる事は不可能だろうけれど。当サイトに関係ある所で、ゲームレビューを取り上げてみよう。旧作しかも2年ほど前のそこそこの話題作のレビューを書き上げたとする。永続的に訪問者はいるだろうが、更新から1ヶ月で上限は1000アクセスほどではないだろうか。グーグルに宣伝出したり、1流ニュースサイトのニュースに混ぜてもらう、など荒唐無稽な方法が取れれば倍増するだろうが、当然それは考えないでおく。サイト全体として訪問者数が多ければ、ちょっと見てみようという人も多く結果的に、レビューへのアクセスも増加する。レビュー対象には興味はなく読み物として興味がある場合も、アクセス数は増加するだろう。レビューという、対象についての評価、感想、考察以外の要素を含ませれば上限は増えるかもしれない。ただ、それはここで言おうとしていることとはまた別の話だ。仮にそうであっても、他の対象が広いテキスト系コンテンツと比べて差が出るのは間違いない。

そこに気付かない振りをしてアクセス数を増やす事にこだわってはいないだろうか。

_ [メモ] 月別スレッドまとめサイトへの直リンク

やっていいのか悪いのか、倫理観ゼロの人間がいまさらですが、この頃利用させてもらっているので、直リンクすると便利だ。

_ [メモ] 登録サイトの種類分け

「record.php」は重い、フィルターでは一括チェック出来ない。など色々と問題があるので、「homepagelist」テーブルにフィールド追加して印を付けよう。3種類もあるとなんとも大変だ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ ゆうかり (2005-07-14 [J] 00:28)

いつもお世話になっています<br>コンテンツの違いによる上限と言うテーマがありましたので<br>そこに触れさせていただきます<br><br>20日ほど前にうちのサイトで公開した<br>「相楽さん家の悦楽ライフ」のレビュー<br>page view300ちょいくらいですね<br>たぶん1ヶ月でも400行くか行かないかくらいでしょう<br>ちなみに約1ヶ月前に公開した「最終痴漢電車2」だと<br>レビューが700で攻略が2000弱って感じでしょうか<br>まぁ、弱小サイトの一例として参考にしてください

_ 管理人 (2005-07-14 [J] 22:19)

この手のデータを測定していて、しかも公開している所はほんの数サイトなので参考になります。<br>page viewということは重複ありですね、2割増しがせいぜいだと思いますが。<br><br>攻略の方が思ったより多いです。<br>ある意味超人気タイトルで、「ゲーム攻略への道」に2サイトしか登録されていないので、これくらいいくのでしょうか、よくわかりません。<br>レビューの方はやはりタイトルの人気に大きく左右されますね。<br>過激なタイトル名だとかなり増えるように感じてました。<br><br>非常に参考になりました、これで憶測でものを書いても多少は実態に近づけるかもしれません。<br>それでは。

お名前:
E-mail:
コメント: