トップ «前の日記(2005-05-13 [J]) 最新 次の日記(2005-05-16 [J])» 編集

Eroge RSS Checker 運営記録

Categories | メモ | 運営 | 感想 | 記号変更 | 雑記 | 雑文 | 思案

合計: 今日: 昨日:
2005年
5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

rss1.0

ここは、「Eroge RSS Checker」に関する運営の記録を書きとめておく場所です。第三者に説明する文体で書いていますが、大半は備忘録です。

  1. スクリプトを汎用化して公開する。---最終目標
  2. CSSを論理的に使う。---努力目標
  3. デザインを改善する。---努力目標
  4. 攻略の完全・不完全を出来る限り判別する。---努力目標
  5. 管理要員用のページの充実。---努力目標
  6. JANコードの入手先を探す。---躊躇中
  7. ブランドの複数登録。---大規模改修のとき
  8. 登録を簡潔にしつつ、marker登録を半自動化する。---暇なとき

2005-05-14 [J]

_ [雑記] 逆検索をどうするか

逆検索という言葉があるわけではないが、含まれているかどうか、を検索することを、ここではそうい呼ぶことにする。取得データのタイトル部分が、ゲームタイトルに含まれているか調べるのは、取得データの回数だけチェックすればいいので問題はないが、反対がやっかいだ。取得データが何件だろうと、全てのゲームタイトルを一つ一つチェックしないとならない。これが、巡回回数を増やす際のネックになりそうだ。

どんな時に必要かと言えば、「期待の大作、ゲームタイトル、ついに発売」とか書かれている場合がこれにあたる。どこからどこまでがゲームタイトルなのか、人間には一目瞭然だが、これを調べるには、逆検索するしかない。

解決策はないだろうか、なんとなくデータベースサーバーの調子が悪いらしく、5分くらいここの作業を続けているような気がする・・・。

_ [雑記] 意味不明ワード「Eroge RSS Checker」と「サイト登録型自動巡回リンク集」

「Eroge RSS Checker」と「サイト登録型自動巡回リンク集」どちらも何を意味しているか、正常な日本人には分かるはずもない。感覚で付けたのであってあまり意味はないのだからしょうがない。

「Eroge RSS Checker」を普通に解読すると「エロゲー関係のRSSチェッカー」ということになるが、これは誤り。真実はこう、「RSSを含めたエロゲー関係の更新チェッカー」、まぁ「RSS」は「飲み放題1000円ぽっきり」という誘い文句でしかない。「RSS」という言葉を入れたかっただけなんですけどね・・・。

「サイト登録型自動巡回リンク集」は人によって受け取り方は様々のはず。「サイトを登録」して「自動で巡回する」リンク集なんですが、「サイトを登録」の意味が不明です。正確には、「サイト情報とマーカーを登録」なんですが、まぁ意味不明ですね。

_ [雑記] 無断リンク・引用禁止

引用禁止は論外ですが、無断リンク禁止と言われると悩む所。Web上で露出プレーさながらに、訪問者の数を少なくコントロールしながら好き勝手にやっていたいという人は結構多いのではないかと思うからです。ブログによっては許可されたユーザー以外には見ることができないものもある。Mixiも元はそういう意識からきたのでしょう。それはおいておくとして、こちらとしてはリンクをさせてもらいたい。法律的にもリンクや見出しの取得(引用?)は認められています。ただ、日本独特(?)と言われる無断リンク禁止を容認する文化的なものが問題になるわけです。要は倫理観、仁義(?)の問題なんですよね。これはもう理屈ではなく、いじめの定義みたいなものですから、いかんともしがたいです。

それともう一つ、リンク集から来る訪問者は、管理人側から見れば質の悪い訪問者だというのも問題。なんの根拠もない話で、感覚的な話ですが、リンク集を使って比較的簡単に、明確な目的を持ってやってきた訪問者は見たら帰ってお気に入りに入れるとか積極的な行動を起こしづらいように思います。良く聞く話として、ニュースサイトに取り上げられても、数日間は大勢の訪問者がありますが、その後アクセス数が増えるわけでもなく、反応があるわけでもない。そういう場合が多いと聞きます。まぁ、実際がどうなのかは関係ありません。そう思われているとすれば、当然良い印象を持ってはもらえません。

断っておくとこれは、あくまで予想でありえる問題として書いているに過ぎません。というか、無断でなく断りを入れれば問題ないという話もありますが、それはまた別の問題です(個人的には断り入れるとなるとかなり重荷に感じるでしょう)。

お名前:
E-mail:
コメント: