トップ «前の日記(2005-01-25 [J]) 最新 次の日記(2005-01-28 [J])» 編集

Eroge RSS Checker 運営記録

Categories | メモ | 運営 | 感想 | 記号変更 | 雑記 | 雑文 | 思案

合計: 今日: 昨日:
2005年
1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

rss1.0

ここは、「Eroge RSS Checker」に関する運営の記録を書きとめておく場所です。第三者に説明する文体で書いていますが、大半は備忘録です。

  1. スクリプトを汎用化して公開する。---最終目標
  2. CSSを論理的に使う。---努力目標
  3. デザインを改善する。---努力目標
  4. 攻略の完全・不完全を出来る限り判別する。---努力目標
  5. 管理要員用のページの充実。---努力目標
  6. JANコードの入手先を探す。---躊躇中
  7. ブランドの複数登録。---大規模改修のとき
  8. 登録を簡潔にしつつ、marker登録を半自動化する。---暇なとき

2005-01-27 [J]

_ [記号変更]『ムームーの部屋』(攻略)

終了記号 (完全|投稿)攻略[#on] → (完全|投稿|)攻略[#on]

攻略の前に完全も投稿も付いていなかったので、その場合にも対応。

_ [雑記] スクリプトをオブジェクト指向に書き換えない

色々考えたのだが、今特に不便もないのだから書き換える必要もないのかもしれない。公開する時のために書き換えようとは思ったが、新しく書き直す方が楽なようなので、その時にでも試してみよう。なんにしても、少しずつだが技能が向上しているらしく、数ヶ月前に書いたスクリプトは無駄が多くて見るに耐えない。

それにオブジェクト指向が本格的に採用されているPHP5.0以上が使える環境でもないのだからそれからでも遅くない。何よりオリジナル関数もほとんど作っていないのだから、まぁ段々と。

_ [雑記] セマンティック・ウェブの本

機械に理解できるウェブの事を、セマンティック・ウェブというらしい。この本は見た目はかなり質素だがその分値段も安く、内容は充実していると思う。入門というより解説書や規格書の趣が強いようだ。まだ半分も読んでないけど。

_ [雑記] RSSの是非2

さて、唐突だがネットが普及し始めた90年代のネットが好きだ。今よりもずっと使いにくく有用な情報など一握りだった。それでもとても好きだった。なので必然的にRSSを初めとしたセマンティック・ウェブは好きではない。混沌としているからこそ面白いのに整理されては、もう「おもちゃ」ではなく「道具」になってしまう。

以上が個人的な見解だが、リンク集の管理人として、その他どんな立場に立ってもそれは必須だろう。ただ、既に書いたようにあくまで技術面での話で個人が無理をして対応すべきではない。現状では、もし仮にXMLでサイト全体を記述したとしてもあまり利点はない。XSLTに未対応のブラウザもまだ現役だ。RSSを別途自分で記述するのも大いなる無駄だ。情報を機械に分からせるよりも自分の時間の方がずっと重要だ。

ただ、1つ言えるのは、手書きでもしくはホームページメーカーのようなタグが見える形でサイトを作るのはそろそろ、やめるべき時代が来たのだと思う。基盤技術はいつも隠すべきだ。それをいじらせるということは、表現に大きな幅が生まれるということだ。それを理解することは、機械にとって困難だ。しかし、その上の表面のみをいじらせるなら、機械はその奥を理解する事が出来る。

HTMLはそう言ったことに非常に不得手、というより欠陥があった。現状、CSSを表示関係、HTMLを論理関係、と分けたがっているがきっちりとしていない、要するに互換性を持ち以前の思い通りに表示できたらそれで良い書き方が可能な、緩い規格なのだ。

ブログはそれでも扱いやすい方法で論理性を持たせていると思う。ヘッダ、フッダ、記事、見出しそれぞれを分けている。それをあと少し時間を掛けながらセマンティック・ウェブに近づいていくのだろう。

結論としては、システムが出来上がる手助けをして欲しい、要するにそんな技術を出来るだけ使って欲しい、そうすれば普及する日も遠くないだろう。(えらそうに書いている自分はと言えば、面白そうだから、楽が出来そうだからやっているだけで、上のは机上の空論に過ぎない。)

お名前:
E-mail:
コメント: